FC2ブログ
  • 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは「The Elder Scrolls V Skyrim」のRP日記をのんびりと書き連ねるブログです。

スカイリムの踊り食い


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

リコリスの旅43話【第二章】災いの足音

43話です。
Falskaarでも大好きなクエストに入ります。



~ボルヴァルド近郊~
水浴びを済ませ少しすっきりした足はグングン速度を上げて目的地のボルヴァルドへ進む。

道を進むと丘というよりも崖、天然の要塞の上に城壁が見える。
ここがボルヴァルドなのだろう。

ブログ454 ボルヴァルド






 

城門へと続く坂道を駆ける。

まだイングヴァールの軍は来てはいないようだ。

しばらく坂道を登ると、城門が見えてくる。
ブログ455 ボルヴァルドの城門

???「止まれ!ここは閉鎖されている!」
城門の横で警戒していた男がこちらを制止する。

「こちらはアンバークリークの町から来た。アグナー首長の言伝だ、ボルヴァルドの首長に会いたい。」
ゴラン「ふむ、私はゴランだ。わかった、ヴァルフレッド首長に案内しよう。ついてきなさい。」

ブログ456 ゴラン


あっさりと認めて入ることを許可してくれた。
ゴラン「あんたが噂の『旅人』か会えて光栄だ。港のヘンリクから話は聞いている。」
なるほど、噂が届いていたからか、都合がいい。

ギギギギギギギ
ゆっくりと鈍い音と共に城門が開く。

ブログ457 ボルヴァルドに入城

城壁に守られた物々しさとは裏腹に中は随分と穏やかな雰囲気だ。
いたるところにいる衛兵は山賊の襲撃に警戒して緊張感はあるが、街の人はそれに信頼を置いているようだ。
兵士の訓練の声も聞こえ、意識の高さも伺える。

ゴラン「旅人よ、こっちだ。」
先を行くゴランがこちらに声をかける。慌ててついていく。
「衛兵と兵士がよく見えるな。」
ゴラン「近頃の山賊騒ぎのせいだ。港での一件はこちらが対応すべきだったのにそちらに任せて済まなかった。」

ブログ458 ボルヴァルドの城内

大通りを抜けていくと少し高い位置に大きな屋敷が見えた。
ゴラン「あれがヴァルフレッド首長の屋敷だ。失礼のないようにな。」
ブログ459 ヴァルフレッド首長の屋敷

ブログ460 ヴァルフレッド首長の屋敷へ

扉を開け中に入る。
ヴァルフレッド「お客人か、中に入って奥まで来てくれ。」
奥から声がかかる。穏やかな声。

ブログ461 屋敷の中 ヴァルフレッド

ヴァルフレッド「夕食を作っていたところなんだ、君も食べて行くかい?」
シチューのいい香りが鼻をくすぐる。お腹がなりそうだが今は本題が大事だ。
「あーいや、そりゃ嬉しいがアグナーから連絡だ。」
ヴァルフレッド「なんとなく察しがつくが話を聞こう。」
急に疲れたような顔色になる。最近の山賊の活性化で察しもつくし疲れもあるのだろう。

「イングヴァールが軍をあげて何かを探している。ここにも魔の手が迫っていると思う。」
少し間をあけてヴァルフレッドは溜息をつき、シチューを混ぜる手を止める。

ブログ462 ヴァルフレッドと会合


ヴァルフレッド「私もそれは感じていたよ。忌々しい山賊がそこかしこで我が民を殺している。そのためにこの街を封印した。イングヴァールのせいだ。」
穏やかな声ではあるが民を想いその言葉の奥底に燃え上がるような怒りが見て取れる。

ヴァルフレッド「ウンヴァルドルの連中がまた何かを起こそうとしているのだろう。奴らがここを放っておくだろうか?君はあいつが何かを探していると言ったか、それが何かわかっていることはあるか?」
頭を振って答える。
「いや、でもあいつはバイルン修道院で強硬手段で捜索し、そのあとアンバークリークへ来た。」
ヴァルフレッド「ふむ・・・・・・。」
深く思案するヴァルフレッド。その様子に声をかけれずにいると、先にヴァルフレッドが口を開いた。
ヴァルフレッド「今回の意味するところは好ましくないことは確かだ。多分彼がどうなったのか、私には分かる。けれど結論を急ぐ事はしない。今回は特にね。」
ひとまずもう少し警戒を強くしよう、とヴァルフレッドの言葉が終わるか終わらないかくらいにドアが強く開かれる音がする。
慌てて入ってきたのは先ほどのゴランだった。

ブログ463 災いの報告

ゴラン「ヴァルフレッド首長!街が包囲されています!山賊が、山賊どもが門を突破しました!」
・・・・・・それは災厄の始まりの音だった。


~あとがき~
いつもに比べて短めにしてみました。
読みやすさはどうでしょう?このくらいならあまり記事を書くのも時間はかかりませんね。
ヴァルフレッド首長の性格というか口調は結構改変しています。
雰囲気が穏やかな印象を受けたのでゴランと共に知的な感じで記事にしています。
スポンサーサイト
[PR]

  1. [ edit ]
  2. RP日記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

Lycoris

Author:Lycoris
スカイリムのんびり更新日記。
Lycorisです。よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーです。
連絡をいただければ相互リンクさせていただきます。
ご意見・ご要望はメールフォームから何でもどうぞー!

最新トラックバック

訪問者数

リンク 【敬称略】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

言い訳用ついったー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。