FC2ブログ
  • 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

このブログは「The Elder Scrolls V Skyrim」のRP日記をのんびりと書き連ねるブログです。

スカイリムの踊り食い


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

リコリスの旅27話 スティルボーン洞窟

26話です。27話目です。
原因は不明ですが攻略中にブツンという事が何故かなくなったのでひとまず更新します。
このまま何事もなければいいのですがー。
ダンジョン攻略は記事にするの難しいですね。
SSも少なくなることもあるかもですがどうかご容赦を……。


~ウィンターホールド・宿屋フローズン・ハース~
「」グゥ…スゥ……。
ボハン「おい、起きろ。もう朝だ。用意してくれ。」

なんとかウィンターホールドにたどり着けた二人は目的地に向かう前に一晩宿で休んでいた。
「ふあああ、もう朝か。」
ブログ213 フローズンハースでの目覚め


 

そして出発の朝。
朝食を済ませ、数日分の食料とキャンプセットを用意し出立する。

「うっしゃ!いこうぜ!」
それぞれの荷物を持って宿を出る。

~ウィンターホールド近郊~
ウィンターホールドを出発し街道を進むこと4時間。
そして街道を少し外れた岩山のそばにその洞窟はあった。

~スティルボーン洞窟~
「ここが依頼の洞窟か。何かいそうだぜ。」

ブログ214 スティルボーン洞窟前



ボハン「気をつけろよ。この足跡……。まさか……。」
ボハンは洞窟に少し入ったところ、吹き込む雪が少し落ち着いた地面の足跡を真剣な目で見ている。


「どうした?なんかあったか?」
ボハン「怪しいが……。まさかそんな……とにかく気をつけていくぞ。」

~スティルボーン洞窟内部~
ブログ215 スティルボーン洞窟入り口

背の両手剣を抜いて洞窟を進む。


ボハン「待て!」
しばらく進むとボハンの静止に反応しすぐさま物陰にしゃがむ。

ボハンの視線の先をリコリスも視線を合わせる。
うげ……うげげ……。でかいクモ。
しかもどうやら寒冷地に適応したフロストスパイダーのようだ。

ブログ216 洞窟での蜘蛛戦


外の雪にこの洞窟に追い立てられたに違いない。
「さっきおっさんが警戒してたのはこいつかよ……。きもちわりぃ。」
ボハン「いや……まぁとにかく手早く片付けるぞ。」

こちらに気がついた蜘蛛が前足をもたげこちらを威嚇してくる。
そしてこちらの殺気に気がついた蜘蛛はその口から毒液を吐き出す!
その毒液をボハンが盾で受け流しその影から飛び出す!

きもちわりーのはさっさと潰す!

チェッストー!!

リコリスの一撃は足の一本を斬りおとし、ひるんだ蜘蛛にボハンがシールドバッシュを重ね畳み掛ける。

ブログ217 蜘蛛との戦闘中


そのまま続く二人の連撃を蜘蛛は防ぎきれず防戦もできず沈黙する。

「ふう……うえ…剣に体液が……。」
そう言って剣を振っての体液を飛ばし背中に納めようとする。

ボハン「待て!まだだ!まだ来るぞ!」

その声にハッと洞窟の奥に意識を向ける。
洞窟の奥からは驚くほどの圧力のような殺気を感じる。

GRRRRRRRR....WAOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOON


「な、なんだ!?なんだって言うんだ!?この咆哮ただの狼じゃねえぞ!」
ボハン「やはり……。ウェアウルフ……。」

ブログ218 ウェアウルフの登場

ボハン「どうやらこいつも雪から逃れてきたってわけか……。」
「どうやらやるよーだぜ……ちきしょうめ。」
再び剣を握りなおす。

ブログ219 突撃するウェアウルフ 6コス8000
ウェアウルフは涎を垂らしながら二人を見比べ、リコリスに視線を移した後舌なめずりをして全力で突撃を開始した。

「げげげげ!こっちきやがった!」
ボハン「うまそうにでも見えたか?させん!」
ボハンがウェアウルフとリコリスの間に割り込み盾でバッシュを仕掛ける。

その間にいつものように死角から剣を振り上げ……しかしウェアウルフはボハンのバッシュからすぐに回復し飛び出してきたリコリスにすぐさま向き直る。

くっそこいつ早いぜ……。
ボハンは盾と剣を打ち合わせ耳障りな音を響かせながら気を引こうとするがあくまで最初の犠牲者はこっちらしい。

集中しろ……、ボハンとの訓練の通りに……。相手の動きを読め……。
ウェアウルフはこちらが諦めたとでも思ったのか獰猛に口を歪めてにやりと笑い舌なめずりをする。

こちらに向かってくるウェアウルフに対しボハンは後ろから斬り付けるがその背中の硬い毛皮を相手に刃が通っていない。時折振り回される鋭い爪の攻撃を盾で防ぎながら攻撃するも効果は薄いようだ。

ウェアウルフはボハンを牽制しながらもう一足でこちらに一撃を繰り出せるような位置まで近づいている。
そしてそのまま大振りに大上段から鋭い爪を斜めにこちらに振り下ろしてきた!

いまだっ!!
まるで薙ぐように頭を消し飛ばすかのような一撃を頭の上で感じながら潜り避ける!

そのまま相手の懐めがけて剣をフルスイングする。
ブログ220 ウェアウルフに乾坤一擲

てえええりゃあああああああ!

毛皮も少なく柔らかな胸部を刃が抉る確かな感触。確実に骨を砕いた感触。

ウェアウルフはそのままビクビクと痙攣した後、倒れこむ。

ボハン「や、やりやがった……。いつの間にそんな集中力を……。」
「へ、へへ……。オ、オレもなんとかやれるようになったろ……。」

ブログ221 ウェアウルフ勝利

へたり込んでしまいそうになりながら口元を拭う。

ボハン「ああ、すごいじゃないか。もう俺が教えることも……。」
最後のほうはいまいち聴こえなかったが、今はこの先の依頼が大事だ。

「こいつはオレたちに気がついて出てきたんか?」
ボハン「いや、どうやら違うようだ。まだ来るぞ。」

ウェアウルフが現れた横穴の先からは何かの叫び声のような鳴き声のようなものが聞こえる。

洞窟の端を通り、横穴のそばまで近寄りそっと先をうかがう。
すると少し顔を出したそのすぐそばを何か素早いものが横切る。

矢だ!

すぐさま隠れる。
地面に突き刺さった矢をボハンを見て「ファルマーだ」とつぶやいた。

どうやら敵は射手1体。
ブログ222 ファルマー戦 

すでに射手だろうと相手が一人なら二人の敵ではない。
すぐさまボハンが飛び出し、急な登場に狙いの外れる矢を盾でいなしながら突っ込む。

それにあわせてリコリスも飛び出し、一気に間合いをつめて切り捨てる。

勝負はあっさりと決まった。


その後もちらほらとファルマーが襲ってきたが2体で現れる事はなく、1対2では相手にならなかった。


そのまま進撃し、奥に進む。
するとファルマー製の宝箱や人の骨、ファルマーのペットであるシャウラスの大量の卵のある部屋に出た。
その中央、宝箱の上に無造作に置かれた剣を見つけた。

明らかに他のものに比べて真新しく、持ってこられて対してたっていないようだ。
そしてその持ち主は……その剣を握っていた。白骨の手だけ。

ボハン「どうやら……遺品の回収はこれでよさそうだな。」
「ああ……。胸糞悪ぃもんだぜ。ファルマーどもにやられたんだな。」

その剣はずっしりと重いが放置されていたにもかかわらず刃にかけすらない。

ブログ223 The Loners Sword

リコリスは剣を回収し腰に鞘ごと佩いておく。

「さて、依頼も完了だな。」
ボハン「報告までが依頼だ。ウィンターホールドに戻るぞ。」

その宝物庫の奥の通路から風が流れている。どうやらすぐ出口があるようだ。

その道を進むと眩しい外の光が二人の目を焼くようだった。
「ふう、やっと外だぜ。ウェアウルフ以外はファルマーも数が少なくて助かったぜ。」
ボハン「そうだな。元々ファルマーの恐ろしさは集団戦。今回は運が良かった。」

ブログ224 スティルボーン洞窟攻略
新鮮な空気を深呼吸で肺に取り込み、ウィンターホールドまで戻る二人でした。



長らくあいてしまった気がしますが26話です。
CTDもひとまず落ち着いたかな?2日悩んだのはなんだったのかー。
しかし、悩んだ末設置した投票の1票のこのまま続けるという票が励みになりました!ありがとうございます。
でも前の記事で宣言した約束の10時にも間に合ってないし!ずささー。
RoundRovinさんに紹介していただいたMOD武器を登場させて見ました。
ウィンターホールドに戻ってからとその後の展開が次の記事になるでしょう。

あと訪問者1000の記事ですね(´―`)どんな記事にしたらいいのか……。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

  1. [ edit ]
  2. RP日記
  3. / trackback:0
  4. / comment:8

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/13(日) 23:59:20 |
  3. URL |
  4. マシマロ
何だか、CTDの問題はどうにか解決出来そうな感じですね(^ω^)
Togaminiumさんもそうなんですが
ダンジョン攻略や、ストーリー物の、お話を書かれている方は凄いですね
私には、出来そうにないな(^_^;)

Togaminiumさんは、ENBは何を使ってるんですか?




Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/14(月) 00:34:14 |
  3. URL |
  4. Togaminium
>>マシマロさん
コメントありがとうございます!
CTDはどうなることかと2日悩みましたがなんとかよかったです!
私のRP日記なんて戦闘描写のSSをうまく撮れなかったり撮り忘れてたりで適当なものでもっと技術を磨きたいものです。私はとってもカワイイ子たちのほのぼのとした日常のマシマロさんの記事のほうが大好きですよ!

ENBはSSスレで公開されていたUnkoENBを使わせていただいています!
CoTとRealistic Lighting Overhaul環境にそのまま突っ込んでいます。
とても綺麗で感謝感激です!


戦いの緊迫感!

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/14(月) 00:35:51 |
  3. URL |
  4. フカヒレ
戦いの緊迫感が上手い事書かれていて凄いナァ。
紙一重で生死が決まる世界ってなんともいえない魅力がありますね。

渋いベテランのオッサンと未熟ながらも着実に成長していく少女の組み合わせが個人的にかなりツボりました!
ボハンのオッサンフォロワー、自分も導入しようかな・・・w

Re: 戦いの緊迫感!

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/14(月) 03:12:30 |
  3. URL |
  4. Togaminium
>>フカヒレさん
コメントありがとうございます!
私の文なんてまだまだ拙いもので…そういっていただけるだけで嬉しいものです!
フカヒレさんの画像の技術のほうが私は羨ましいですよ。学びたい……。
実際のプレイ中はなすすべなく一撃で死んじゃうことのほうが多いんですけどね(ノ´∀`*)

ボハンさんいいですよね!おっさん!序盤を引っ張って行ってくれるような人は貴重です。
そろそろ新しい登場人物を出そうかなーとも思いますが!

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/14(月) 22:02:35 |
  3. URL |
  4. 黒大将
毎回記事を読ませていただいて思うのですが、ボハン氏とリコリス嬢の掛け合いがなかなか面白いです。
ベテランのボハンに駆け出しだけど前に進もうとするリコリス嬢、前向きな姿勢をうちのエイへにも見習わせたいw

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/14(月) 23:17:44 |
  3. URL |
  4. RoundRovin
おぉ、とうとうこの洞窟を踏破したのですね。
難易度をあげておられるとのことでしたので、
大変なことだったかと思います。

そういえばこのMODは片手剣が手に入って、
それを素材に両手剣を作成でしたね。
リコリスさんも鍛冶を覚える日が……?

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/15(火) 03:13:29 |
  3. URL |
  4. Togaminium
>>黒大将さん
へたれですが前向きにがんばるというのは大好きです!
一人ではくじけそうですが、今はボハンもいてリコリスも安心して学べることが多いですね。
エイヘさんも美女に囲まれながらどんな冒険が待ち受けているのか楽しみです!
そして自分のコメントを赤く塗る方式は黒大将さんのブログ見てぱくらせてもらいました(ノ´∀`*)

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/04/15(火) 03:15:45 |
  3. URL |
  4. Togaminium
>>RoundRovinさん
最初の蜘蛛とウェアウルフで詰んだわこれ…と何度も思いました…。
でも二人でなんとかこなすことができて一安心です!
最初はリコリスに持たせようと思っていたのですが、かっこよすぎてつなぎに使うには勿体無さ過ぎるのでずっと装備を変えないですむボハンに持たせるのもアリかなぁと思い始めています!

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

Lycoris

Author:Lycoris
スカイリムのんびり更新日記。
Lycorisです。よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーです。
連絡をいただければ相互リンクさせていただきます。
ご意見・ご要望はメールフォームから何でもどうぞー!

最新トラックバック

訪問者数

リンク 【敬称略】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

言い訳用ついったー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。