FC2ブログ
  • 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは「The Elder Scrolls V Skyrim」のRP日記をのんびりと書き連ねるブログです。

スカイリムの踊り食い


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

リコリスの旅21話 目指すはエルダーグリーン

第21話です。
最近の流行のMODってなんなんでしょうねー。
装備MODとか一応有名なサイトとかは見て回っているのですが。


~ホワイトラン・キナレス聖堂~
「おおーい、ダニカー。とってきたぞー。」
リコリスの大きな声が響く。
ボハン「おい、一応聖堂だ。怪我人や病人もいる静かにしろ。」
「おっと、すまねぇ。お~いダニカ~
そこまで静かじゃなくていい、と呆れたようなボハン。








 

そしてダニカがこっちにやってくる。
ダニカ「まさか取ってこれたの?まぁ……そんな、本当にとってこれるなんて。でも、無事で本当に良かった。」
胸を張ってみせる。ドヤッ
ボハン「これで次はどうしたらいい?」
ダニカは頷き答える。

ブログ163 帰還後ダニカ会話

ダニカ「ネトルベインを使えば樹液が取れます。」

「よーし、さっさと行ってとってこようぜ。」
ボハンを促す。

「おーい、冒険者二人。頼みがあるんだが。」
踵を返し聖堂を後にしようとすると声がかかる。
振り向くと男が立っていた。
モーリス「俺の名前はモーリス・ジョンドレレ。キナレスの信者だ。」
そう名乗った。
「オレになんか用か?」
モーリス「ああ、少し話が聞こえたんだがエルダーグリームの聖域に行くんだろ?俺も連れて行ってくれないか?」
ボハン「ううむ、しかし道中危険だぞ。見たところ戦士ではないようだが。」
モーリス「ついて行かせてくれるだけでいい。やばくなったら隠れるなりするさ。」
ボハンはちらりとこちらに目線を向ける。
「まぁいいんじゃねーの?危険なところにさえ近寄らなければなんとかなんじゃないかなー。」
ボハンは一つ頷き、
ボハン「わかった、危なくなったら逃げてくれよ。」

ひとまずその日は一度バーナードメアで宿をとり、次の日再び合流し旅に出る。

~ホワイトラン近郊~
遠くにホワイトランを眺めながら三人の旅。

ブログ164 モーリスを加えて3人旅

狼くらいなら自分とボハン二人であっさり片付けられるようになった。
モーリスも逃げ回りながらも守りやすい位置にいてくれているようだ。

橋を越えて峠を進む。

遠くに監視所のような小さな砦のような建物が見えた。

ブログ166 ヴァルとヘイムタワー初見


ボハン「待て、ああいうところは山賊の住処だ。この道はまずいかもしれん。」
「おいおい、でもどうするよ?ここらに脇道なんてねーぞ?」
ボハン「じゃあ突っ込んでみるか?砦住まいだ、そこらで喧嘩吹っかけてくる山賊とは段違いの数だぞ。」

リコリスは想像してみる。

ブログ165 リコリスの想像

ムリムリムリムリムリムリ!!無理!

「しかたねぇ、じゃどうする?」
ボハン「一旦戻ってヘルゲン経由で行くしかないな。」

最近はヘルゲンによく行く気がするな……。まっ、仕方ねぇか。
そう思いながらも一度引き返す。

そこから一日かけヘルゲンを越える。

あたりも暗くなったころにちょうど良くストームクロークの野営地を見つける。
冒険者だと言い、一晩泊まりたいとボハンが申し出ると、特に作戦行動中ってわけでもないのか寝床を分けてくれた。
一緒にボハンが出した蜂蜜酒がたいそう気に入ってくれたようだ。

ストームクローク、ウルフリック・ストームクロークをリーダーに据える帝国からみたら反乱軍だっけか。
スカイリムは内戦状態なのを実感する。ホワイトランが平和な分意識にのぼらなかったが。

ブログ167 ストームクロークの野営地での一泊


そして朝早くに出発する。
道中、自分達よりもベテランそうな冒険者と道が同じになったりもした。

ブログ168 道中の冒険者パーティ

そのうちの一人はボハンと知り合いだったようで、道中昔話に華が咲いていたようだ。

雪道を抜けしばらく進むと広葉樹林の森が広がっていた。

ブログ169 リフト地方 歩くリコリス


「すっげーなぁ。一面黄色や赤だ。」
ボハン「リフト地方に入ったからな。スカイリム地方の中では比較的まだ暖かいほうだ。」

そうは言っても自分からしたら寒いに変わりない。スカイリムで寒くない場所はそもそもない。

思いながら色づく木々の道を進むリコリスでした。


~あとがき~
花粉症が辛すぎて記事どころかゲームすらしんどいありさまです。
4月に入ってから職場が山の中になったせいで毎日死にそうです。
ところで1話の終わるタイミング難しいですよね。
次はイヴァルステッドを越え、ダークウォータークロッシングも越えて目的地に向かいます。
スポンサーサイト
[PR]

  1. [ edit ]
  2. RP日記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

Lycoris

Author:Lycoris
スカイリムのんびり更新日記。
Lycorisです。よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーです。
連絡をいただければ相互リンクさせていただきます。
ご意見・ご要望はメールフォームから何でもどうぞー!

最新トラックバック

訪問者数

リンク 【敬称略】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

言い訳用ついったー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。