FC2ブログ
  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

このブログは「The Elder Scrolls V Skyrim」のRP日記をのんびりと書き連ねるブログです。

スカイリムの踊り食い


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

リコリスの旅100話【第三章最終話】 星の輝きを手に


~ソルスセイム・レイヴンロック港~

ブログ1498 星の03

灰が吹き飛んだかのような澄み切った青空。

レイヴンロック戦線を勝利で締めくくって3日後、リコリスとボハンはスカイリムへ帰るために船着場まできていた。


 


ブログ1496 星の01

モーヴァイン「もう行くのか?もう少しゆっくりしていってくれるものだと思ったのだが。」
リコリス「そうしたい気持ちもあるんだけどさ、スカイリムの宿もほったらかしで心配で。きっとまたくるよ!」

エイドリアル「ここへは料理を学びにきたんだろう?ホワイトランへここから特産品などを輸出している。その輸出する際、君たちのところにも食材を届けさせよう。感謝の気持ちだ。」

リコリス「ほんとか!?助かるぜ!さんきゅーな!」
昨日ゲルディスさんに教えてもらった『蟹肉とスカットル』という料理も作れるかもしれない。材料の『クワマの卵』とやらが何かはわからないが、きっと鳥か何かだろう。

ムンゴ「リコリス!オマエ スゴイ!オレ ワスレナイ!」
リコリス「ムンゴのほうがすげぇぜ!がんばってくれよな。」

ムンゴは別れたあと自分の一族のところに戻り、レイヴンロック増援の説得のために族長の座をかけて戦ったらしい。
そのおかげでリコリスとボハンは助かり、レイヴンロックの戦力はアッシュスポーンへ十分な打撃を与えることができた。

ムンゴ「オレ シバラク ココ マモル ソノアト イチゾク モットツヨクスル!」
きっとこの若き勇者の率いる一族は強く勇気ある戦士の部族になるだろう。それが楽しみだ。

リコリス「ニコルは残るのか?スカイリムには帰らなくてもいいのか?」
ニコル「うん、僕はまだここで手伝えることがたくさんあるからね。武器に防具、装備に建物……もう少し残ることにするよ。」
前の戦いでモーヴァイン評議員の指示のもと、街中でカノン砲が撃たれた。
そのおかげで『灰の王』を打ち崩し、敵を総崩れへと持ち込めたがその被害は大きかった。
街の至るところが破壊され、アッシュスポーンによって崩された場所がそこら中にある。

ニコル「ぜひ、スカイリム……ホワイトランに帰ったらまた防具を作らせてよ。今度はちゃんと材料を揃えて作るからさ。」
リコリス「……その、わりぃな。折角作ってもらったのに……。」ばつの悪そうに頭をかく。

先日作ってもらった防具はさっそくガタがきてしまっていた。
ニコルの手によって頑丈で手入れさえすれば数年使えるほど丁寧に仕上げられた品だったが、
前の戦いで一気にガタがきてしまったらしい。それほどの損傷を受けたということか。
このままでいいと断るリコリスに断固としてニコルは反対したのだ。防具は少しのガタが命取りだと。

ニコル「いいんだよ、僕が作るの楽しいしね。……まぁ素材はちょっと協力してもらわないといけないだろうけど。」
リコリス「おう!ホワイトランに帰ったら連絡してくれよ!」
そう言って挨拶を交わす。

ブログ1497 星の02

他のお世話になった人はすでに挨拶を済ませてきた。
皆別れを惜しんでくれたいい人たちばかり。

ブログ1499 星の04

リコリス「さて、船乗ろうぜ。」見送る3人に手を振って別れをつげる
ボハン「もういいのか?」船のそばで待っていたボハンが声をかけてくる。

ブログ1450 星の05

リコリス「あんまり長居するとまた一晩泊まりたくなっちまうし。」

色々あったなぁ、と港からレイヴンロックを振り返る。

ブログ1450 星の05

様々な出会い、ストームブリンガーの秘密。
そしてボハンが知ったリコリスの秘密。

二人はそれぞれの思い出を胸に秘め、船に乗り込む。

リコリス「ボハン、また来ようぜ!……今度は二人で。」
ボハン「ああ、そうだな。また来よう。」

そう言って互いの顔を見て微笑む。





そして船はウィンドヘルムへとつき、リコリスとボハンは通ってきた道を歩く。
行きはは一人。今は二人。

ブログ1451 星の06




ブログ1452 星の07

ブログ1453 星の08




ブログ1454 星の09

ブログ1455 星の10





リフテンでロイズとセロに挨拶と礼とスジャンマをプレゼントしてまた来た道を進む。

ブログ1456 星の11

ブログ1457 星の12

ブログ1458 星の13

ブログ1459 星の14

ブログ1460 星の15





行きは一人だった夜も、今は二人。

ブログ1462 星の16





懐かしいリバーウッドの村が見える。

ブログ1463 星の17


リコリス「なんだか全然離れてなかったはずなのに数ヶ月たったみたいな気分だ。」
ボハン「最初は早めに帰ってくるって言って出たのにな。」
リコリス「う……悪かったよ……。」ばつの悪そうな顔。
それを見てボハンは優しく微笑む。

ボハン「今度からは俺もいく。」
その言葉にリコリスも笑顔でうなずく。
村に愛馬を預け、自分たちの家まで歩く。





ブログ1464 星の18

リコリス「ただいまー!」

二人の間にはソルスセイムで見たような星の輝きで彩られた橋が架かっていた。

ブログ1465 星の19




~あとがき~
これにてソルスセイム編終了となります。
きりのいい100話で終了できたのがなんとなく気持ちよかったです。
また雑記カテゴリでまとめて話しますのでこの記事はここまでで。

長い間お付き合いありがとうございました!
暫くのんびりとした単発の話に移りますので、引き続き足を運んでいただければ幸いです。

SpecialThanks!

ほにゃほにゃ
The Way Of The Voice
義弘
旅するトカゲ

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. [ edit ]
  2. RP日記
  3. / trackback:0
  4. / comment:6

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/12/21(日) 22:01:48 |
  3. URL |
  4. 廃人a
いいエンドだ……( ´_ゝ`)b

ついにソルスセイム編最終回!ついにトータル100話達成!
両方合わせて、おめでとうございます!お疲れ様でした!

あーうちも早く何かしらのキャラでソルスセイム行きてぇなぁーーwww
DLCはもうね、買ってあるし導入してるんですよ。半年くらい前に。
でもまだ島にすら行ってませんww
リコリスさんのお話含めて、他の方のドラゴンボーンの物語を見てるともうやりたくてやりたくてww

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/12/21(日) 22:15:32 |
  3. URL |
  4. ベルルスコーニ
更新お疲れ様です
100話目おめでとうございますヽ(´▽`)/
いや~無事にお2人が帰って来れたようで何より

今後の更新も楽しみに待っております(*´∀`)

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/12/21(日) 22:20:24 |
  3. URL |
  4. Lycoris
>>廃人aさん
コメントありがとうございます!
終わりを決めた時点でタイトルも決めてましたw
タイトルはオンラインゲームFF11の限界突破クエストのタイトルからです。
今のDGが終ったら今度はソルスセイムですかね(☆∀☆)
SkyrimのDLCはそれがないとMODが入れられなかったりで遊ばなくても入れたりしてますよねぇw
うちのブログではほとんどソルスセイムクリアなんてしてないのでぜひがっつりと記事にしてくださいw

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/12/21(日) 22:23:01 |
  3. URL |
  4. Lycoris
>>ベルルスコーニさん
コメントありがとうございます!
3月7日に初投稿してから100話……長かったような短かったような、やっぱり長かった気がしますw
これからは貯めに貯めたイチャコラ……じゃなくて小ネタを記事にしていきますので、お暇なときにでもまた遊びに来てくださいw

祝!100話

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/12/26(金) 21:37:27 |
  3. URL |
  4. フカヒレ
どうも!遂に100話ですかあ、すげえぇと思いつつ見てたらいつもに増して内容盛りだくさんでwkwkしたフカヒレです。コメント遅くなりすいません。

いつも言ってる気がしますが、キャラの内面が上手く描かれており、美しい風景も相まって今まで以上に印象的なシーンが多かったように思います。三章。
イーストマーチ絶体絶命山賊砦、
ツアーガイドはムンゴなのんびりソルスセイム観光、
心配するボハンさんと月下の会話、
この3シーンが特に好きですわー。

あ、再度あねさん出していただいてありがとうございます!
なんだかんだで自分のキャラ登場シーン一番うれしい、ゲンキンなフカヒレです。
スジャンマはクルト兄さんとソニア隊長と一緒においしく頂きました!

Re: 祝!100話

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/12/26(金) 23:52:04 |
  3. URL |
  4. Lycoris
>>フカヒレさん
いつもコメントありがとうございます!
皆様のおかげでここまで到達できました!感謝の極みです!

>>キャラの内面
拙い文章ながら頑張りたいと思っていたところなのでそう言っていただけて本当に嬉しいです!

完全に行き当たりばったりの旅でしたが、色々なフォロワーさんのおかげでここまで様々な出会いと経験を積むことができました。きっとリコリスの今後に大きな道しるべになるかと思います!

>>3シーン
もう少しソルスセイムの魅力を伝えられたら良かったんですが、伝えられるほど私も知っていることが少ないというのが問題でした……w

テルミンの姉御には色々な役回りをお願いしてしまいました!
姉御のカラッとした気風のいい性格のおかげでリコリスを存分に?引っ張りまわすことができて、
物語に色々な場面を作れたかなという気がします。
あらためてありがとうございました!

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

Lycoris

Author:Lycoris
スカイリムのんびり更新日記。
Lycorisです。よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーです。
連絡をいただければ相互リンクさせていただきます。
ご意見・ご要望はメールフォームから何でもどうぞー!

最新トラックバック

訪問者数

リンク 【敬称略】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

言い訳用ついったー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。