FC2ブログ
  • 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

このブログは「The Elder Scrolls V Skyrim」のRP日記をのんびりと書き連ねるブログです。

スカイリムの踊り食い


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

リコリスの旅83話【第三章】 目覚めるもの

ムンゴと名乗る仲間を得て、グラディアンの遺品を捜索、回収のため鉱山の奥深くまで入り込む。

ブログ1200 再び01

~レイヴンロック鉱山~
リコリス「ムンゴ、ちゃんとついてきてるか?」

ムンゴ「ムワサスー!」



 

リコリス「うげー、やっぱり蜘蛛いるよなぁ……。」

ブログ1201 再び02

ムンゴ「クモ キライカ? ドク ベンリ!ベンリ!」

しっかりと毒は回収する。
リコリス「毒も結構溜まってきたな。矢に塗って使えるといいんだけどな……。」





ムンゴ「リコリス! ドア ミツケタ オマエ サガシテル コレカ?」

随分入り組んだ鉱山内を歩き回ったが、ムンゴが呼ぶ声にそちらに向かう。

そこには確かに施錠されたドアがあり、試しに貰った鍵を差し込む。

カチャリ

ブログ1202 再び03

リコリス「開いた、つまりこの先が閉鎖された問題の区画……。ムンゴ、気をつけて行くんだよ。」

ムンゴ「イツデモ イケルゾ!」
頼もしい小さな傭兵と共に奥へと進む。





ブログ1203 再び04

特徴のある紋様のある石がちらほら見え始める。
リコリス「これは確か……ノルドの建築様式の……。ってことは……。」

物陰から恐ろしい唸り声が聞こえてくる。暗闇に光る双眸。

ブログ1204 再び05

リコリス「当然、いるよな!」武器を抜いて盾を構える。

ムンゴ「ドラウグル!」ムンゴも勢い良く戦いをはじめる。

ブログ1205 再び06





リコリス「ドラウグルはやっぱり手ごわいな……。」さすがに慣れぬ片手剣では息が切れる。ムンゴと共に4体を斬り捨てたところでドラウグルは一度落ち着いたようだ。

片手剣では……やっぱりこの剣なら……ストームブリンガーなら……すとームブりんがースとームぶりんガーストーむぶリンがー……
背中で蠢く気配。笑い声が聞こえる、手足が震える。これは武者震いか……マスクの下で笑顔がこぼれる。

ムンゴ「リコリス!ドウシタ?サキ イクゾ!」

はっ!今オレは何を?

辺りを見渡す、ムンゴが通路の先でこちらを待っている。
自分の体を省みる。ものすごい脂汗だ。だが、マスクの下で貼り付いた様に笑顔がこびりついていた。

リコリス「私は大丈夫だ、すまない。すぐに行く。」

ムンゴ「? マダ テキ クルカモ キヲツケロ!」

ムンゴの前を警戒しながら進む。

ブログ1206 再び07





リコリス「ふう、一度休憩しようぜ。腹へっちまった。」
脂汗も落ち着き、先ほどの感覚が全て夢だったかのように感じる。

ブログ1207 再び08

カバンの中から燻製にした肉を取り出しかぶりつく。
ムンゴはマスクだけ外し、パンをムシャムシャと食べ始めた。

リコリス「ムンゴ、結構食うんだな……。食料足りるかな……。」

ムンゴ「タクサン タベル! オオキクナル! ツヨクナル!」





ブログ1208 再び09

どんどん奥へと進む。途中迫り来るドラウグルは二人で蹴散らしてく。

リコリス「ムンゴ、お前格闘家なのか?武器は?」

ムンゴ「ブキモツカウ! デモ カクトウ レンシュウチュウ!」

リコリス(練習は後にしたほうが……。)





ブログ1209 再び10

途中、触っても溶けず、ひんやりとした冷気を発し続ける氷があった。

ムンゴ「スタルリム トケナイコオリ ムワサスー」

リコリス(すたるりむ?まぁいいか。)





ブログ1210 再び11

奥に行くにつれ、ドラウグルも強くなっている。

リコリス「ムンゴ、気をつけろよ。何かいやな感じがする。」





ブログ1212 再び13

ノルドの遺跡を進む二人。足が止まる。

リコリス「な、なんだここ。急に開けた場所に出たな。」

ブログ1211 再び12

広まった場所に出る。警戒しながら奥まで進む。

その先には古い野営の跡と、すっかり骨になった遺骸。

ブログ1213 再び14

リコリス「もしかしてこの人が……。」
周囲を捜索してみる。握り締められた日記、どうやら本人らしい。

そして……なにやら禍々しい魔力を感じる大振りの両手剣。

リコリス「これがグラディアンさんの求めていたもの……?」

剣を手にする。

ブログ1214 再び15

リコリス「こ、これは……。」背のストームブリンガーが脈動する。

そのストームブリンガーの脈動に反応するように両手剣が光り輝く。

ブログ1215 再び16

すると目の前の遺跡が音を立てて動き始める。
奥には目覚めた最深部……。

リコリス「奥に誘われてる……?行くしかないか。」

ムンゴ「キヲツケロ」





最深部は広く、禍々しい気配は更に強くなる。
リコリス「何かの祭儀場かなんかか?水だらけだな。」

ブログ1216 再び17

ムンゴ「リコリス! サガレ!」

ムンゴの叫びに飛びずさる。

部屋全体を満たす水。その中から何かが魔力と共に起き上がってくる。

ブログ1217 再び18

ブログ1218 再び19


ムンゴ「ド、ドラゴンプリースト……。」

ムンゴがドラゴンプリーストと呼んだ『それ』はボロボロの法衣を纏い、気味の悪い仮面をつけている。

ドラゴンプリーストはこちらに仮面を向け、何も言わず、魔力をその両手に溢れさせる。

リコリス「な、なんつー魔力っ!? ムンゴ危ない!!」ムンゴの小さな体を掴み、遠くに投げる。
遠くへ伸びていくムンゴの悲鳴を聞きながら迫り来る魔力への恐怖を抑える。

ブログ1219 再び20

衝撃、体がバラバラになるような衝撃に意識が一瞬完全に飛ばされる。
数mをゆうに吹き飛ばされ、壁に激突し、そのまま床までずり落ちる。

ブログ1220 再び21

リコリス「がっ……はっ……。」い、息ができねぇ、体中の骨が砕かれたみたいだ……いや、実際あばらも他の骨も何本も持っていかれた。内臓もずたずたのようで、口の中が血で溢れる。

リコリス(こ、こりゃ……死んだなぁ……。命乞いを聞いてくれる相手でもなさそうだし……というか体中痛くて命乞いする余裕もねぇや……。)

ブログ1221 再び22

目の前にドラゴンプリーストが近づいてくる。
その膨大な魔力に大気が震えている。

ムンゴ「リコリス!リコリスー!」

ブログ1222 再び23

リコリス「ム、ムンゴ……に、にげろ……。」
せめてムンゴだけでも……。

ドラゴンプリーストの両手から魔力が溢れる。
そして衝撃。

ブログ1223 再び24

リコリス「あがっ……!」両手を縛られるような痛みと共に体が空中に引っ張り上げられる。

リコリス(け、怪我人なんだ……もう少し優しくしてくれたっていいのにな……。)
今の危機的状態にもかかわらず、心の中はなんとも落ち着いていて、逆に笑ってしまうようだ。

こちらの意図は意に介さず、トドメの為の魔力がドラゴンプリーストの手に集まる。

リコリス(くっそぅ……くやしいな……さすがに死ぬなぁ……。)

家で待つ男の背中を思い出す。

リコリス(もう一度ボハンに会いたかったな……。さよならみたいだ。)

そこで意識が暗転する。





暗転した意識のなか笑い声が聞こえる。

ブログ1224 再び25

ストームブリンガー「お前はやっぱり私がいないとダメだなぁクフフフ……。」





ドラゴンプリーストから雷の魔力が迸る。

ムンゴ「リコリスー!」

辺りを焦げ臭い臭いが漂う。大気すら焦げ腐らせるような雷撃の中。

それはあった。

リコリスの前に浮く一本の魔剣。

ブログ1225 再び26

リコリスからはどす黒い魔力が溢れ出す。

リコリス「いい目覚ましだな、だが悪いが仲良くありがとうとは言わないが。」

無理やり魔力の拘束を叩き割る。

先ほどまでの余裕をかなぐり捨てるように距離をとるドラゴンプリースト。

すかさず魔力の奔流がリコリスを襲う。

あははははは

大気を裂いて襲う雷を受けて、何も無いかのように笑う。

リコリス「クフフフ、私に雷が効くなどと思ったか?魔力よ、散れ!」

ドラゴンプリーストの集める魔力は雲散霧消してゆく。

顔の見えないドラゴンプリーストに狼狽が見える。

リコリス「この世のものにはお前は勝ち続けたろうが、私はこの世のものではない。」

ドラゴンプリーストから消えていった魔力は逆にリコリスの手へと集まる。

ブログ1225 再び26

リコリス「さぁ消えろ!」





ムンゴ「リ、リコリス……?」

ドラゴンプリーストを吹き飛ばし、ムンゴに気がつくリコリス。

リコリス「今日は魂を欲して出てきたわけではない、命拾いしたな。こいつは返すぞ。」そう言ってその場で意識を失い、倒れこむ。





暖かい空気が頬を暖める。

リコリス「あ、あれ、一体どうなった……?」

ブログ1226 再び27

ムンゴ「リコリス オキタ!オマエ ズット ネテタ ダイジョウブカ?」

心配そうにムンゴがこちらを覗き込む。

リコリス「す、すまねぇ。どうなったんだ?」

ムンゴ「オマエ ドラゴンプリースト タオシタアト タオレタ」

オレが倒した……?まさか……。
慌てて周囲を探る。ストームブリンガーは?ストームブリンガーはどこだ!?

リコリス「な、なんでだ!?ストームブリンガーが消えてる?」

ムンゴ「オマエノケン オマエノ ナカニ キエタ オマエノ マホウカ?」

リコリス「き、きえただって……!?」
自分の体を省みる。そういえば、体の痛みは引いている。
すでに致命傷だったはずだ。即死じゃないというだけで死んだも同然の状態だった。

体が癒えたのもストームブリンガーのおかげか……?

ムンゴ「ダイジョウブカ? ミチ ヒライタ モウスコシ ヤスム ソノアト カエロウ」

リコリス「あ、ああ。心配かけてわりぃな。飯食おうか。」

ムンゴ「オマエ イノチ オンジン オレ オマエ オンカエス トウゼン!」

そう言って踊る。
か、かわいい……。ひとまず危機は去ったか。
消えたストームブリンガーも気になるが、ひとまず帰るのが一番大事だ。

カバンから食事を取り出し、二人で食べるのでした。


15日に予約投稿の予定でしたが我慢できずに2日連続投稿です(´ー`)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. [ edit ]
  2. RP日記
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/09/15(月) 22:36:34 |
  3. URL |
  4. 中の人
こんばんはー\(^o^)/
あの扉を開ける方法がいまいち分からなくてひたすら剣を降っていたのを思い出しました^^

っていうか、ストームブリンガー、ちょーかっこよくなっているんですけど^^
それにドラゴンプリーストももっとダサかったし・・・
うーーむ、ドヴァキンちゃんがソルスセイム島に逝く前に、リコリスちゃんが先にまわっていたのかな^^

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2014/09/16(火) 03:35:31 |
  3. URL |
  4. Lycoris
>>中の人さん
コメントありがとうございます!
私も最初引き返そうとしちゃったり(ノ´∀`*)思い出してちゃんとすすみましたがw
今までにないギミックで面白いですよねw

ドラプリは影と陰影のお陰でなかなか良く撮れたと自負しておりますw
色々妄想が捗りますねぇw どっかですれ違ってたりしてw

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

Lycoris

Author:Lycoris
スカイリムのんびり更新日記。
Lycorisです。よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーです。
連絡をいただければ相互リンクさせていただきます。
ご意見・ご要望はメールフォームから何でもどうぞー!

最新トラックバック

訪問者数

リンク 【敬称略】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

言い訳用ついったー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。